YOAST SEOのカノニカルが困ったちゃんだった話

GAYA

困ったものでした。

というお話。

 

今日何気にメールを見てたら、Lighthouseだかっていう、なんかサイトの諸々をチェックするツールがあって。
それを使って運営してるサイトをチェックしてみたら、カノニカルURLが2個あるみたいになっていた。

で、URLはhttpとhttpsがあって、とかではなくガチで全く同じURL。

なんだそれは…と思ってツイッターやらグーグルのフォーラムやら、いろんな方のお力添えを借りて、無事解決しました。

 

結局はyoastの自動で出すカノニカルURLと、おそらくテーマが出してくれるカノニカルが2重になって記述されていた的な感じ。。

多分。多分だけど。。多分あってる。。。

 

そこで、ヨーストの方のカノニカルを無効にするコードがあったので、それを記述。

内容は

// Yoast WordPress SEOからのCanonicalを無効に
add_filter( ‘wpseo_canonical’, ‘__return_false’ );

これをfunction.phpに書くだけ。

参考サイトはこちら。
ほんまに助かりました。感謝です。

 

ウェブマスターツールのフォーラムでも、大変親切にお答えくれる方がいらっしゃって、感謝感謝です。

 

餅は餅屋じゃないけど、Web関係のことってとにかく相談できる人がいない。
だからこういった場に惜しまず知識を分けてくれる方というのは本当に感謝なのです。

色々検索すればもっと早くわかったかもしれないけど、基本のワードを知ってないと知ることもできないし、けっこうハードル高い世界な気がした僕です。

知ってても逆に良い検索キーワードが自分で思いつかない、とかね。

 

なんにせよ大事なものごとは言葉で区分けされている。
例えば誰かの名前とか。

 

専門用語をぶりぶりひけらかすのはかっこわるいけれど、専門用語を知ってないと話にならないこともありますね、という話。