北海道は寒い。筋トレで3週間で7キロ痩せ、旅行記事を書き、ふと思ったこと。

GAYA

おはようございます。

現在5時22分。北海道は相変わらず寒い。

僕は寒いのが苦手なので、とても困ります。(中学生の作文か)

運営しているメディアは、見た目にこだわったからかアクセスがあまりないのに多くの企業様からあれを掲載しませんかこれを掲載しませんかとお声がけいただき感謝です。

見た目はやっぱり大事だった。全てじゃないけど入り口として。

その証拠にこちらのサイトには何一つ問い合わせがありません。もちろん。

 

見た目ということで、昨日か一昨日に、自分が筋トレを取り入れて3週間で7キロ痩せた方法を詳しく解説した記事をアップした。

体重もだけど体脂肪率も今測ったら4%落ちていたし、なんと効果の高い方法なんだとビックリしています。

 

高校の時とか、ガリガリになりたくて食事もほぼ食べず毎日毎日2時間くらい散歩していたけど、そんなんより相当効率良い。

有酸素のジョギングとかがすげえ効率悪いし何より自分は長距離走が死ぬほど嫌い。

だけど筋トレもそんなに効果があるとは思っていなかった。

内容としては週に2回、15分だけ筋トレをするというもの。(今日計ったらインターバル入れてもトータル12分でした)

もちろん食事はタンパク質を多く摂って、制限という制限もしていない。なんとも楽で感動です。

痩せられなくて、頑張ってもそれでも痩せられなかった、という人は是非読んで役立てて欲しいと本気で思って書いたらクソ長くなってしまったので、スマホからだとしっかり読まれないかもしれないなと思っていますが、読んで実行さえすれば絶対効果あると自負。

続けることが難しい人のために15分の筋トレに制限してやってみたら自分でも驚く結果に。

楽すぎてみんなに知ってほしい気持ちがものすごく強くなった。

 

にしてもなぜまわりでジムとか行って筋トレしてるっていう人が続かないのかがさっぱりわからないなと思ってしまう。

自宅で15分でもこんなに変わるんだから、楽しくてしょうがない、通うのやめるなんてとんでもない、となりそうなんだけど。。

逆に通うのが面倒なのか…自重でも色々頭を使えば高い負荷をかけることはできます。

 

だからその理由というか通わなくなるデメリット的な部分を潰すことができれば、ものすごく強いセールス力を手に入れることができると思うんだけど全然わからない。

ちょっと挙げてみます。

・時間がない
・ジムに通うのが面倒
・効果的なトレーニングがわからない
・筋トレするメリットが明確に見えていない?
・目標…は特に僕もないので、違う気がする

 

時間がない…は15分でおさまるし週2回でいいんだから全く問題ない気がする。
ジムに通うのは確かにめんどくさそう。15分のためにジムにいくのも移動時間の方がかかってしまうし。

だから15分でおさまることが信じられないってことか。。

効果的なトレーニングは、もうスクワット1択。
ワイドスクワットも取り入れれば外ももだけ張って太くなるんじゃ?という心配もいらないし。←これは女子とか気になってそう。

その前にそんなに簡単にというか太く育てるのはとても難しい。

1日2日で太っていくわけではないのに、なぜか痩せることに対しては即効落ちるものを探し、頑張れば痩せるというものに懐疑的。

なのにいきなり筋肉むきむきになるとこから想像するんだよなあ。ムキムキなる前に一回贅肉落ちたっていうところ通るからね。

肥満⇒通常の体型⇒ムキムキの流れなのに、肥満⇒2〜3日ムキムキ、くらいのイメージだよね。言い過ぎ?

 

あとは筋トレするメリットや目標。

これは僕も特に明確に何かあるわけじゃないんだよな…

唯一ちょっと心残りがあるとすると、筋トレ開始する直前に購入した、余市っていうシングルモルトのウイスキーがいつまでたっても飲めないということくらいなんだけれども天秤にかけるとお酒よりやっぱり身体ができていくほうが楽しいし嬉しい。

酒を飲むのも楽だけど筋トレは身体ができていくのに対する労力としては同じくらい楽だ。

もしかして自分が長距離走を嫌いなくらい、一般に筋トレで身体作るのとかイヤな行為って感じなのか。

しかし長距離走に対しては明確にダイエットとしてもまるで効率悪いし代謝上げるのにも時間はかかるは、やたら息はあがってゼエゼエいいながら汗だくにはなるは、女性なら胸はたれるわ、いちいち着替えも必要だわで何も良いところがない気がする。

本当に好きで趣味でなければやれっこないし趣味でやってる人はカッコイイなって思う。

 

やっぱ筋トレっていう響きもよくないし筋肉むきむきなったらどうしようとか思うのかもしれないな。

かといってトレーニングというといよいよプロっぽさが増してカジュアルなものではない気がしてくるのかもしれない。

海外のように超カジュアルなものと認知されればまじかよ走るのとか趣味じゃなきゃ無理だったわ、ってなるのに。

 

汗もたいしてかかず気になるなら風呂の直前におわらせられるし、着替えもいらないし何より週合計30分きる時間効率で長距離走より迅速に代謝がアップして無酸素運動なので脂肪燃焼も48時間ほど持続…だめだやっぱりどうやってもデメリットがない。

本当に謎だ。

唯一困りそうなのは本当に脂肪がすごくてちょっとしたスクワットでも怪我のリスクがある人。

そんなわけで僕は母上から、僕の体重の2倍ほどあり健康を害してしまっている兄上の体重を落とす栄養管理とトレーニング管理を依頼されるのであった。

世の中のメタボリック的なものや肝臓に関する疾患など、本当に、重い病にかかる前に体型が気になった時点で筋トレをしてみてほしい。

本当に簡単だし今までの諸々を帳消しにできるだけの効力があるのだから。

 

話は変わって僕はこれまで何一つ資格を持たないことを得意としていたけれど、NSCAのパーソナルトレーナー認定だけされたいからちょっと真面目に勉強したろかなと思っています。

今知識が一気に入ってきているから資格でも欲しいと思っているだけかもしれないけど。

管理栄養士とかもほしいけど現場経験は今さら無理です…知識だけで取得できたらいいのになあ。

 

というわけで、おしまい。