未分類

サーフィンの気持ち良さ

太陽が照りつけ、視界を遮るものもない海

サーフボードにまたがって、プカプカと空を眺める

雲ひとつない空

少し目線をおとすと、波がゆっくりとうねり、やってくる

盛り上がる海面を感じ、波の進む方へと必死に両腕でパドル

波はピークを迎え、大きく崩れる

その瞬間、フワッと持ち上げられるボードと自分の体

空を飛ぶような感覚と共にボードに飛び乗り

そのまま数十秒間のライド

しょぼい言い方だけど大きな自然との、これ以上ない一体感

幸せに溢れ、思わず声が漏れる

何秒でも一瞬に感じるほど気持ちは高揚して

 

最高の仲間とトークが噛み合った時とか、

大好きな女の子とえっちした時とか、

色々表現はあるけど、やっぱり似ていてもそのどれともサーフィンは違う

地球の流れに受け入れられた瞬間?

波をのりこなした大きな達成感?

色々あるけど、言葉にならない気持ち良さがある。

 

ああ〜、俺もサーフしたいなー。。。

 

って、先日、後輩に誕プレあげて、思いました。。笑

ABOUT ME
T★I
T★I
経営者でミュージシャン。絵描きでありサーフする人。 ほぼほぼゴミクソ情報ですが、一部のやばい人が人生を良くし、そしてより良い人生を他者に伝えることができるよう、のんびり情報提供します。